Loading

お知らせtopics

ホーム > ひと言 > お知らせ > 女性鬱病のご案内

女性鬱病のご案内

2021年07月13日

女性鬱病

女性は男性に比べ、どの年齢層においてもうつ病に悩まされている方が多いです。
また、自殺既遂率は男性のほうが高いが計画率は実は女性のほうが高いのです。

女性のうつは女性ホルモンの急激な変化だけでなく、結婚、妊娠・出産、育児、介護など様々な環境・役割の変化がきっかけになることもあります。

女性が一生を通じてうつになりやすい時期は大きくわけて4つあります。

思春期:女性ホルモンが増え、病発生率が飛躍的に増えます。

出産後:出産後にはなぜか憂鬱になったり涙がとまらなかったり、「マタニティブルーズ」に悩まされるママが多いです。

閉経周辺機:女性ホルモンの不規則な変動や減少により、ほてり、発汗、寝汗、不眠、うつ病などのリスクが高まります。

閉経期:女性ホルモンの低下によりうつ病発生率が飛躍的に増えます。

ちょっとした不安、イライラ、気分の落ち込みは恥ずかしいことではありません。心当たりのある方は長引く前に心療内科・精神科に相談しましょう。

当院では、初診再診問わず心療内科オンライン診療を行っております。体調が優れず外出が困難な方や忙しいママでもネット環境さえあれば心療内科・精神科 専門の医師の診察をけることが可能です。

また、当院には女性の医師もいますので女性医師ご希望の方はご予約の際に気軽にお申し出ください。

WEBでご予約はこちらから:

WEB予約

オンライン診療のご予約はこちらから
(※来院診察ご予約もHP又はLINEから簡単に行っていただけます。):

オンライン予約

おもな疾患の案内はこちらへ:

おもな疾患

診療案内

ストレスチェック

適応障害チェック

鬱病チェック

pagetop